クルーブログ

  • 2018年06月08日

    皆様、こんにちは。

    久しぶりのブログ更新となります。

     

    5月19日(土)に実施されました、

    GSKトラベル1周年記念!

    明日の世界遺産に出会う島旅

    上五島日帰りツアー

    に参加をしてきましたので報告です。

    H30.05.19上五島日帰りツアーチラシ

    こちらのツアーはGSKトラベル1周年記念として大変お得な価格設定、

    そして貸し切りバスで上五島の観光スポットを楽に巡ることができるツアーでした。

     

     

     

    ツアー当日の5月19日は、天気予報では雨となっていましたが、

    なんとか曇りでもちこたえました。

    雨が降らなかったのは本当に幸いでした! 

     

     

     001 002

    運航はこちらのびっぐあーす2号です。

    (毎日、長崎発1便、鯛ノ浦発2便、長崎発2便、鯛ノ浦発3便 計2往復運航しております。)

    新上五島町のゆるきゃらである「あミ~ご」と「みことちゃん」が目印の船です。

     

     

    003 004

    ツアー参加者の受付は長崎港ターミナルの五島産業汽船窓口前で行いました。

    乗船前に添乗員より説明を受けます。

     

     

    005  006

    いよいよ乗船です。

     

     

     

    008

    長崎港から新上五島町の鯛ノ浦港へ入港、上陸です。

    この日、長崎市内は最高気温26度予報でしたが、上五島では最高気温が19度や20度予報ということで

    強風も相まって肌寒い1日でした。

     

     

    009 010

    新上五島町へ上陸後はこちらの貸し切りバスで観光名所を巡ります。

     

     

    バス社内では、鯛ノ浦営業所勤務の前田がガイドを行いました。

    上五島出身ということで、上五島に関するたくさんの豆知識を披露し

    参加されたお客様も楽しんでおられました。

    011

     

     

    最初に着いたのは鯛ノ浦教会です。

    鯛ノ浦教会までは少し坂を登ります。

     012

     

     

    鯛ノ浦教会は1880年、ブレル神父によって建てられた旧教会(左下写真:茶色い建物)と

    老朽化によって1979年に新しく建てられた新教会(左下写真:白い建物)があります。

    また、旧教会の隣にはルルド(右下写真)があります。

     014 013

    本来、ルルドとは南フランスにある町の名前だそうです。

    1858年、ルルドにある洞窟で、少女の前に聖母マリアが現れ、

    聖母マリアのお告げどおりに足元を掘ると聖水が湧き出し

    この水で難病が治るなどという奇跡を起こしたそうです。 

    その奇跡にあやかろうと世界各地で模倣され、

    聖母マリア像を収めた場所(ルルド)が造られるようになったとのことです。 

    日本では“奇跡の泉”とも呼ばれるそうです。

     

     

     

     

    鯛ノ浦教会の後、上五島空港に向かいました。

    次に向かう頭ヶ島の集落へは、頭ヶ島パーク&ライドを利用します。

    頭ヶ島パーク&ライドとは、環境保全と来場者の安全確保の為、

    上五島空港から運行している専用のシャトルバスを利用して頭ヶ島の集落へ向かうというものです。

     

    ※頭ヶ島パーク&ライドの詳細はこちらからご覧下さい。

    新上五島町HP 頭ヶ島パーク&ライドについて

     

    015 

     

     

    上五島空港は現在は閉鎖されていますが、頭ヶ島の集落インフォメーションセンターとして

     頭ヶ島の集落に関するパネル等の展示がされていますよ。

     015-1 015-2

     

     

    シャトルバスはこちらです。

    ツアーバスから乗り換えて、 頭ヶ島の集落へ向かいます。

     016

     

     

    シャトルバスを降り、ゆるやかな坂を上ります。 

    017

     

     

     

    こちらが頭ヶ島天主堂です。

    018

     

    近づいてみるとこんな感じです。

     

    019

     

     

    頭ヶ島天主堂は鉄川与助氏による設計施行によって建設され、

    近くの石を切り出して作られました。

    外から見るととても重厚な印象ですが、天主堂内部は花のモチーフがありかわいらしい印象です。

    2001年に国指定重要文化財に指定され、

    世界文化遺産候補「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の

    構成資産の1つ「頭ヶ島の集落」にある天主堂です。

    020

     

    堂内・堂外でも前田によるガイドを行いました。

    参加された皆様は興味深そうに説明に耳を傾けられていました。

    021

     

     

     

    頭ヶ島天主堂からシャトルバスの方へ向かう途中に見えてくるのが

    キリシタン墓地です。

    墓地の周りには、マツバギクというピンクの花が咲き誇り

    きれいな景色を眺めることがらできます。

    023 024

    空が曇っていて、なかなか綺麗な写真が撮れませんでした。

    それでも、青い海は顕在です!

    さすが、五島の海は違いますね!

     

     

     

     

    シャトルバスに乗り、上五島空港へ戻りました。

    シャトルバスからツアーバスに乗り換え、次は龍馬ゆかりの地へ向かいました。

     

     

    坂本龍馬が長崎のグラバーから購入した練習船ワイル・ウエフ号が大暴風雨に遭い、

    慰霊碑を建立したのがこの場所です。

    慰霊碑の隣には遭難して助からなかった仲間への鎮魂への思いを込めて、

    遭難した場所を見つめる合唱姿の龍馬像があります。

    025 026

    ちなみに、遭難した船がなぜ『ワイル・ウエフ号』という名前かというと、

    「Wild wave」(荒波)がなまり、ワイル・ウエフとなったそうです。

     

     

     

    龍馬ゆかりの地の次は物産センターでお買い物をしました。

    こちらはお土産として定番の“五島うどん”や、上五島特産の海産物、

    塩や椿の加工品などがたくさん販売されていました。

    私も家族へのお土産にブリの燻製や、あご出汁パックを購入しました。

    027

     

     

     

    そして、待ちに待った昼食です!

    場所はこちらの“割烹 扇寿(せんじゅ)”です。 

    028

     

    030 031-1

    お食事は五島うどん地獄炊き定食です!

    五島うどんの他、新鮮なお刺身、大きな茶碗蒸し、おいなりさん、果物付きです。

    この日は肌寒かったので、温かい五島うどんがとても体に染み渡りました。

    五島うどんは讃岐うどん等と比べると細いですが、コシがあり滑らかなのどごしが特徴です。

    薬味を変えながらおいしく頂きました。

     

     

     

    昼食を済ませ、蛤浜へ向かいました。

    蛤浜は遠浅の海、白い砂浜で有名です。

    あいにくの曇りであまりきれいな写真が撮れずに残念です。

     

    そして、最近蛤浜に『はまぐりデッキ』という、くつろぎスペースができています。

    032-1 033

     

    034 035

     

    036 037

     

    038 039

    おしゃれなイス・テーブルが並べられ、おしゃれなカフェスペースがあります。

    少し晴れ間が見え始め、ぽかぽか陽気でゆったりとした時間を過ごせました。

     

     

     

    この後、バスに乗り、青砂ヶ浦天主堂へ向かいました。

    道中、教会建築で有名な鉄川与助氏が設計施行した元海寺山門や

    その鉄川与助氏が眠るお墓を通りました。

     

     

    そして、こちらが青砂ヶ浦天主堂です。

    残念ながら世界文化遺産候補の構成資産には含まれていない教会とのことですが、

    2001年には国指定重要文化財に指定、2010年に献堂100周年を迎えた歴史ある教会の1つです。

    041 042

    レンガの外壁と美しいステングラスが印象的です。

     

     

     

    次に矢堅目へ向かいました。

     

    まず、夕景で有名な矢堅目公園へ行きました。

    見る場所によってはトトロに見える!?という円錐形の奇岩が間近で見える場所です。

    (某バラエティー番組でタレントさんが来たことでも有名です。)

     

    043 044

     

    045 046

    晴れていれば北の方に小値賀島が見えるとのことです。

     

     

     

    続いて向かったのは矢堅目の塩本舗さんです。

    こちらでは塩の作り方を説明していただきました。

    047 047-1

     

    048-2 049-2

    出来立ての塩をひとつまみ頂きました。

    普段家庭で使う塩と比べ、しょっぱさが強くなく、まろやかな味がしました。

     

     

     

    塩の製造工程を見学した後は、奥のスペースで椿茶をいただき少し休憩をしました。

    このスペースから奥にかけてお土産コーナーになります。

    様々な種類の塩や、矢堅目の塩を使ったうどん等が販売されていました。

    051-1 

     

     

    また、こちらの休憩スペースでは鉄川与助氏が設計施行に携わった教会の写真が展示されています。

    053 052

     

     

     

    矢堅目の塩本舗を後にし、鯛ノ浦港へ戻ります。

    鯛ノ浦港17:00発の最終便に乗船し、長崎港へ。 

     054-1

     

     

     

    すると、ここでサプライズがありました!

    新上五島町のゆるきゃら、あミ~ごがお見送りに来てくれました!

    バスの車内でガイドを担当した前田と供に手を振ってくれました。

    055  057

    今回は日帰りツアーでしたが、上五島を満喫でき、楽しい1日となりました。

    プライベートでもまた訪れたいです。

     

     

    ************************************************

     

     

    そして、GSKトラベルでは、上五島の他、下五島(福江)や小値賀への船旅を絶賛販売中です。

    個人やグループの旅行、宿泊施設や交通機関の無料お見積も行っておりますので

    お気軽にお問合せ下さい。

     

    GSKトラベル 長崎営業所

    TEL:095-895-5139

    FAX:095-895-5028

     

    下記画像をクリックしていただくとGSKトラベルHPへ飛びます。

    GSKトラベルHPトップ