クルーブログ
  • グリーン経営認証

    2018年06月15日
  •  

    皆様こんにちは、森です。

    先日、グリーン経営認証の監査がありました!

     

    グリーン経営認証とは、環境保全を目的にした取り組みを行っている運輸事業者に対する登録制度で、

    燃料消費量の把握や、機関整備についての目標設定、船舶から出る廃棄物の種類や量の把握などをやっています。

     

    今年の監査も無事に終わり、登録証が更新されました♪

     

    グリン経営①

    登録が10年経ったら、マークがゴールドに変わるらしいです。

    五島の自然を保っていくためにもエコ精神で金色目指して頑張ります!!

     

     

    五島の様子を写真に撮ってきたので載せておきますね☆

    晴れてて気持ちいい1日でした!

     グリン経営②

     

     

     

  • 天草・﨑津レポート!

    2018年06月13日
  • 皆様、こんにちは。

     

    お知らせです。

    平成30年7月6日より、長崎⇔天草(﨑津)航路が再開します。

     

    H30.04長崎⇔崎津スライド(7~11月分)

     

    世界文化遺産登録候補「天草の﨑津集落」を巡ることができます。

    たくさんの方々にご利用いただければ嬉しく思います。

     

     

     

    そこで、3月に﨑津へ行ったときの様子をお伝えします。

     

     

     

    *********************************************************************

     

     

    3月17日(土)、海が穏やかな晴れた日に、五島産業汽船の
    『長崎⇔天草(﨑津)航路』を利用して熊本県の天草・﨑津へ行ってきました!

     

     

    長崎港から天草の﨑津漁港へ行く途中、船窓から軍艦島が見えます。

    IMG_9839

    軍艦島は世界文化遺産・『明治日本の産業革命遺産』の構成資産の1つです。
    国内・海外を問わず旅行者の方々に人気の観光名所ということで、
    乗船されたお客様もまじまじと見たり、写真撮影をされたりしていました。

     

     

     

    﨑津教会が見えてきたら﨑津漁港へ入港です。

    DSCN0128 (1280x960)

    入港前の教会周辺の景観はとても素敵で、お気に入りの撮影スポットです。
    港の防波堤では、釣りを楽しむ人たちの姿が見られました。

     

     

     

    ツアーに参加されているお客様は、﨑津漁港にて「おごっつぉ弁当」で
    昼食タイムです。雄大な自然を眺めながらの昼食はとても贅沢な気分になります。

    (1280x853)

     

     

    﨑津漁港の向かい側には天草漁協﨑津直売所『きんつ市場』があります。
    﨑津の産直品が販売されています。
    季節の野菜や魚介、天草の塩、名産を使ったお菓子等がありました。

     

     

     

     

    こちらは漁港近くの神社、西宮宮(にしのみや)の写真です。

    IMG_9912 (1280x939)

    (※こちらの写真撮影は3月25日です。)

    﨑津漁港から教会へ向かう道中にある小さい神社です。
    こちらは、18世紀にはすでに作られていたことが確認されるほど
    古い歴史のある神社で、村中安全・大漁満願・商売繁盛を祈願して
    蛭子神(ひるこのかみ)を祀っているそうです。
    入口の鳥居の脇には桜の木があり、春にはとてもきれいな桜が咲き誇ります。

     

     

     

    﨑津では狭い土地の中でも生活がしやすい工夫がされています。
    その1つが「トーヤ」と呼ばれる小路です。

    DSCN0154 (960x1280) (2)

    昔から生活や生業のために使用されてきた、海に続く小路です。
    住宅の間にトーヤがあり、﨑津の方々の生活と海が密接だ
    ということがわかります。

     

     

    その他、生活がしやすい工夫として『カケ』があります。
    『カケ』とは魚のにさばきなどで使用する作業場です。
    『カケ』は﨑津の特徴の1つです。

    DSCN0155 (1280x960)

     

     

     

    私達がこの日、ランチに選んだのがお寿司屋さん、『海月(くらげ)』
    さんです。ぱっと見、“おしゃれなカフェ”のように見えますが、
    カウンター席とイス席の、廻らないお寿司屋さんです。

    IMG_0516 (1280x853)
    2,000円のランチで、お寿司が9貫、お味噌汁付きです。

    IMG_0528 (1280x853)

    それぞれのネタに合わせた味付けをして下さるので醤油を付けずに
    そのまま頂くスタイルです。どのお寿司もとても美味しかったです。
    そして、お味噌汁は出汁の味が超濃厚でした。

     

     

     

    海月を出ると、右手に﨑津教会がお出まし。

    DSCN0186 (960x1280)

    﨑津教会はまちのシンボルとなっています。
    こちらの教会は、数々の教会建築に携わった上五島出身の建築家・
    鉄川與助さんが設計したものです。洋風な外観に、畳が敷かれている
    教会内。日本文化と西洋文化の融合を感じます。

     

     

    DSCN0190 

    﨑津諏訪神社は日本の伝統宗教と潜伏キリシタンが混在した文化を
    表す場所の1つです。
    1805年の潜伏キリシタン発覚事件「天草崩れ」の際に信徒たちが
    所有していた信心具(しんじんぐ)を差し出すよう指示された場所。

    私達が﨑津諏訪神社を訪れたときは桜が咲き始めていました。

     

     

     

     

    﨑津諏訪神社を左手にし、まっすぐ進むと「お休み処 よらんかな」が
    あります。

    どなたでも気軽に入れる休憩所兼資料館のような場所です。

    DSCN0196 (1280x960)

    こちらは旧漁師網元宅で、「網元」とは漁網・漁船などを所有し
    漁師を雇って漁業を営む人達のことです。
    明治時代からの漁師網元の中で唯一現存している家屋で、その中は
    土間があったり、かまどがあったりと伝統的な日本家屋の造りです。

    IMG_0562 (1280x853)

     

    DSCN0198  DSCN0200

     

    DSCN0197

    こちらの庭にも「カケ」があり、そこからは﨑津教会が見えます。
    山と海に囲まれ、たくさんの「カケ」もあるので“﨑津らしさ”が出る
    写真撮影ポイントとしてオススメです。

     

     

    このようなとても素敵な崎津のまちで、

    キラキラの笑顔で観光客ををお出迎え・お見送りをされている澤井さんをご紹介します。

    IMG_0593 (1280x852)
    「崎津は町の皆さんがとても優しいので、気さくに声をかけてくださるあったかいところです。
    とても素敵なまちなので是非遊びに来てくださいね!」とおっしゃっていました。
    澤井さんの天草おすすめ観光はイルカウォッチングだそうです。

     

    14時、長崎へ向け﨑津漁港を出港です。

    IMG_0608 (1280x807)

     

    帰りも途中軍艦島の近くを通ります。
    行きでシャッターチャンスを逃してしまった方も
    ご心配なく!

     

     

    この日、お土産にたこせんべいを買って帰りました。
    たこは天草の特産品の1つです。

    KIMG0554
    お手頃価格で12枚入りでしたので、大人数で分けるには
    ちょうど良いと思います。
    ほのかにたこの香りがして、食べやすいせんべいでした。

     

    また、崎津のお土産として欠かせないのが杉ようかんです。

    杉ようかんはピンクと白の、かわいらしい色合いをした崎津の名物おかしです。

    IMG_0654 (1280x959)

    杉の葉ではさむことで、香りづけと防腐効果があるそうです。

    とても優しい甘さでおいしかったです!出来立てだともっとおいしいんでしょうね。

     

     

     

    長崎から崎津までの道のりは片道約1時間40分、崎津での滞在時間は2時間ほどでしたが

    とても素敵な日帰り旅行になりました。

     

     

    皆様も是非行かれてみて下さい。

     

     

    尚、五島産業グループ ㈲ジィ・エス・ケイ GSKトラベルでは

    今年度第1便を祝して、NBCラジオスキッピーさん同行の天草日帰りツアーを販売しております。

    とてもお得なツアーですので、たくさんの方々にご参加いただきたいと思います。

    こちらのツアーの詳細・お申込みは下記へお願い致します。

    (決定)天草 﨑津航路スキッピー

    GSKトラベル 長崎営業所

    TEL:095-895-5139

    FAX:095-895-5028

    GSKトラベルHP

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 明日の世界遺産に出会う島旅 上五島日帰りツアー(参加報告)

    2018年06月08日
  • 皆様、こんにちは。

    久しぶりのブログ更新となります。

     

    5月19日(土)に実施されました、

    GSKトラベル1周年記念!

    明日の世界遺産に出会う島旅

    上五島日帰りツアー

    に参加をしてきましたので報告です。

    H30.05.19上五島日帰りツアーチラシ

    こちらのツアーはGSKトラベル1周年記念として大変お得な価格設定、

    そして貸し切りバスで上五島の観光スポットを楽に巡ることができるツアーでした。

     

     

     

    ツアー当日の5月19日は、天気予報では雨となっていましたが、

    なんとか曇りでもちこたえました。

    雨が降らなかったのは本当に幸いでした! 

     

     

     001 002

    運航はこちらのびっぐあーす2号です。

    (毎日、長崎発1便、鯛ノ浦発2便、長崎発2便、鯛ノ浦発3便 計2往復運航しております。)

    新上五島町のゆるきゃらである「あミ~ご」と「みことちゃん」が目印の船です。

     

     

    003 004

    ツアー参加者の受付は長崎港ターミナルの五島産業汽船窓口前で行いました。

    乗船前に添乗員より説明を受けます。

     

     

    005  006

    いよいよ乗船です。

     

     

     

    008

    長崎港から新上五島町の鯛ノ浦港へ入港、上陸です。

    この日、長崎市内は最高気温26度予報でしたが、上五島では最高気温が19度や20度予報ということで

    強風も相まって肌寒い1日でした。

     

     

    009 010

    新上五島町へ上陸後はこちらの貸し切りバスで観光名所を巡ります。

     

     

    バス社内では、鯛ノ浦営業所勤務の前田がガイドを行いました。

    上五島出身ということで、上五島に関するたくさんの豆知識を披露し

    参加されたお客様も楽しんでおられました。

    011

     

     

    最初に着いたのは鯛ノ浦教会です。

    鯛ノ浦教会までは少し坂を登ります。

     012

     

     

    鯛ノ浦教会は1880年、ブレル神父によって建てられた旧教会(左下写真:茶色い建物)と

    老朽化によって1979年に新しく建てられた新教会(左下写真:白い建物)があります。

    また、旧教会の隣にはルルド(右下写真)があります。

     014 013

    本来、ルルドとは南フランスにある町の名前だそうです。

    1858年、ルルドにある洞窟で、少女の前に聖母マリアが現れ、

    聖母マリアのお告げどおりに足元を掘ると聖水が湧き出し

    この水で難病が治るなどという奇跡を起こしたそうです。 

    その奇跡にあやかろうと世界各地で模倣され、

    聖母マリア像を収めた場所(ルルド)が造られるようになったとのことです。 

    日本では“奇跡の泉”とも呼ばれるそうです。

     

     

     

     

    鯛ノ浦教会の後、上五島空港に向かいました。

    次に向かう頭ヶ島の集落へは、頭ヶ島パーク&ライドを利用します。

    頭ヶ島パーク&ライドとは、環境保全と来場者の安全確保の為、

    上五島空港から運行している専用のシャトルバスを利用して頭ヶ島の集落へ向かうというものです。

     

    ※頭ヶ島パーク&ライドの詳細はこちらからご覧下さい。

    新上五島町HP 頭ヶ島パーク&ライドについて

     

    015 

     

     

    上五島空港は現在は閉鎖されていますが、頭ヶ島の集落インフォメーションセンターとして

     頭ヶ島の集落に関するパネル等の展示がされていますよ。

     015-1 015-2

     

     

    シャトルバスはこちらです。

    ツアーバスから乗り換えて、 頭ヶ島の集落へ向かいます。

     016

     

     

    シャトルバスを降り、ゆるやかな坂を上ります。 

    017

     

     

     

    こちらが頭ヶ島天主堂です。

    018

     

    近づいてみるとこんな感じです。

     

    019

     

     

    頭ヶ島天主堂は鉄川与助氏による設計施行によって建設され、

    近くの石を切り出して作られました。

    外から見るととても重厚な印象ですが、天主堂内部は花のモチーフがありかわいらしい印象です。

    2001年に国指定重要文化財に指定され、

    世界文化遺産候補「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の

    構成資産の1つ「頭ヶ島の集落」にある天主堂です。

    020

     

    堂内・堂外でも前田によるガイドを行いました。

    参加された皆様は興味深そうに説明に耳を傾けられていました。

    021

     

     

     

    頭ヶ島天主堂からシャトルバスの方へ向かう途中に見えてくるのが

    キリシタン墓地です。

    墓地の周りには、マツバギクというピンクの花が咲き誇り

    きれいな景色を眺めることがらできます。

    023 024

    空が曇っていて、なかなか綺麗な写真が撮れませんでした。

    それでも、青い海は顕在です!

    さすが、五島の海は違いますね!

     

     

     

     

    シャトルバスに乗り、上五島空港へ戻りました。

    シャトルバスからツアーバスに乗り換え、次は龍馬ゆかりの地へ向かいました。

     

     

    坂本龍馬が長崎のグラバーから購入した練習船ワイル・ウエフ号が大暴風雨に遭い、

    慰霊碑を建立したのがこの場所です。

    慰霊碑の隣には遭難して助からなかった仲間への鎮魂への思いを込めて、

    遭難した場所を見つめる合唱姿の龍馬像があります。

    025 026

    ちなみに、遭難した船がなぜ『ワイル・ウエフ号』という名前かというと、

    「Wild wave」(荒波)がなまり、ワイル・ウエフとなったそうです。

     

     

     

    龍馬ゆかりの地の次は物産センターでお買い物をしました。

    こちらはお土産として定番の“五島うどん”や、上五島特産の海産物、

    塩や椿の加工品などがたくさん販売されていました。

    私も家族へのお土産にブリの燻製や、あご出汁パックを購入しました。

    027

     

     

     

    そして、待ちに待った昼食です!

    場所はこちらの“割烹 扇寿(せんじゅ)”です。 

    028

     

    030 031-1

    お食事は五島うどん地獄炊き定食です!

    五島うどんの他、新鮮なお刺身、大きな茶碗蒸し、おいなりさん、果物付きです。

    この日は肌寒かったので、温かい五島うどんがとても体に染み渡りました。

    五島うどんは讃岐うどん等と比べると細いですが、コシがあり滑らかなのどごしが特徴です。

    薬味を変えながらおいしく頂きました。

     

     

     

    昼食を済ませ、蛤浜へ向かいました。

    蛤浜は遠浅の海、白い砂浜で有名です。

    あいにくの曇りであまりきれいな写真が撮れずに残念です。

     

    そして、最近蛤浜に『はまぐりデッキ』という、くつろぎスペースができています。

    032-1 033

     

    034 035

     

    036 037

     

    038 039

    おしゃれなイス・テーブルが並べられ、おしゃれなカフェスペースがあります。

    少し晴れ間が見え始め、ぽかぽか陽気でゆったりとした時間を過ごせました。

     

     

     

    この後、バスに乗り、青砂ヶ浦天主堂へ向かいました。

    道中、教会建築で有名な鉄川与助氏が設計施行した元海寺山門や

    その鉄川与助氏が眠るお墓を通りました。

     

     

    そして、こちらが青砂ヶ浦天主堂です。

    残念ながら世界文化遺産候補の構成資産には含まれていない教会とのことですが、

    2001年には国指定重要文化財に指定、2010年に献堂100周年を迎えた歴史ある教会の1つです。

    041 042

    レンガの外壁と美しいステングラスが印象的です。

     

     

     

    次に矢堅目へ向かいました。

     

    まず、夕景で有名な矢堅目公園へ行きました。

    見る場所によってはトトロに見える!?という円錐形の奇岩が間近で見える場所です。

    (某バラエティー番組でタレントさんが来たことでも有名です。)

     

    043 044

     

    045 046

    晴れていれば北の方に小値賀島が見えるとのことです。

     

     

     

    続いて向かったのは矢堅目の塩本舗さんです。

    こちらでは塩の作り方を説明していただきました。

    047 047-1

     

    048-2 049-2

    出来立ての塩をひとつまみ頂きました。

    普段家庭で使う塩と比べ、しょっぱさが強くなく、まろやかな味がしました。

     

     

     

    塩の製造工程を見学した後は、奥のスペースで椿茶をいただき少し休憩をしました。

    このスペースから奥にかけてお土産コーナーになります。

    様々な種類の塩や、矢堅目の塩を使ったうどん等が販売されていました。

    051-1 

     

     

    また、こちらの休憩スペースでは鉄川与助氏が設計施行に携わった教会の写真が展示されています。

    053 052

     

     

     

    矢堅目の塩本舗を後にし、鯛ノ浦港へ戻ります。

    鯛ノ浦港17:00発の最終便に乗船し、長崎港へ。 

     054-1

     

     

     

    すると、ここでサプライズがありました!

    新上五島町のゆるきゃら、あミ~ごがお見送りに来てくれました!

    バスの車内でガイドを担当した前田と供に手を振ってくれました。

    055  057

    今回は日帰りツアーでしたが、上五島を満喫でき、楽しい1日となりました。

    プライベートでもまた訪れたいです。

     

     

    ************************************************

     

     

    そして、GSKトラベルでは、上五島の他、下五島(福江)や小値賀への船旅を絶賛販売中です。

    個人やグループの旅行、宿泊施設や交通機関の無料お見積も行っておりますので

    お気軽にお問合せ下さい。

     

    GSKトラベル 長崎営業所

    TEL:095-895-5139

    FAX:095-895-5028

     

    下記画像をクリックしていただくとGSKトラベルHPへ飛びます。

    GSKトラベルHPトップ